四十肩・五十肩、ぎっくり腰など、炎症が強い急性期には「何もしない」が基本です。

半月板損傷などの膝のトラブルは手術をしない場合は安静にして、運動は控えるが基本です。

 

それで、時間が解決してくれるならいいですよ。

いや、やっぱり良くないです。

 

痛みがあれば、生活に支障が出てしまいます。

痛みが続けば、四十肩・五十肩なら肩甲骨が浮いて見た目にも影響が出てしまいます。

ぎっくり腰も癖になって毎年悩むことに。

膝も右をかばえば左の膝を痛めてしまいます。

 

痛みは早めに消えてしまう方がやはりいいですよね。

急性期の炎症が強いときは、その炎症の原因を取り除けばいいのではないでしょうか?

触れないとか触らない方がいいと言っている施術者は技術が不足しているとしか思えません。

原因もわからず、ぎっくり腰を筋肉をほぐすだけで対応しようとする人。

治る訳ありませんし、ひどくなってしまいます。

四十肩も肩の位置を調整するだけで早期に炎症は消失してきます。

半月板損傷も手術が必要なケースでもなければ膝関節を調整して正しく動くようにするだけでも半月板の負担は軽減します。

 

ある整骨院の施術者の方がブログで「最長筋断裂のぎっくり腰」なんて書いていましたが、空想の翼を羽ばたかせていますね。

医療に詳しくない一般の方をとんでもない知識で怖がらせてどうするのでしょう。

経験だけ長く、痛みに対応できない施術者の戯言です。

 

「一回で治ります。」

こんな宣伝で商売されている人は多くいます。

嘘なら、ひどい商売です。

本当なら素晴らしいことです。

 

当店でもぎっくり腰や四十肩は可能な限り、1回で終わるようにしています。

理由は生活に支障が出てしまうこと。

癖がつかないためにも早期に改善した方がいいからです。

痛みが続けば、いろんな問題も出ます。

それ以上にメンタルも落ち込みます。

 

痛みは早期に改善しましょう。

 

当店は、理学療法士が施術を担当しています。

股関節痛などは小さいときから障害を持たれた人もいます。

そのような方もご相談下さい。

ご自身らしく生活していただけるようにお手伝いさせていただきます。

 

店舗名 整体院TAKA
TEL   092-555-9611
所在地 福岡市南区玉川町5-8(駐車場2台有り)
営業時間 10:00~21:00受付まで
定休日 月曜日
オンライン予約